ソラマメの栽培方法

野菜づくり

まとめ

ソラマメの栽培順序を説明します。
栽培の要所でポイント(ひとてま)を豆知識とコツで説明します。

1.特徴

  • マメ科
  • 果菜類
  • 発芽適温20℃前後
  • 育成適温15~20℃
  • 収穫までの期間は140~150日開花してから40~50日
  • 冷涼な環境を好む

2.栽培方法(前半)

2-1畑作り

マメ科の野菜を4年以上作っていない場所を選ぶ。種をまく1週間前に1平米あたり化成肥料100g堆肥2~3kgを全面にまきしっかりと耕す。幅70cm高さ15cmの畝をつくる。

畑の土づくり 土の作り方を詳しく説明。

2-2種まき

株間30~40cmとって、まき穴1ヵ所につき2粒ずつまく。黒くなっている部分(おはぐろ)を斜め下にしてタネが少し見える程度に土をかけか酸素るく押さえ、たっぷり水をまく。

種まき後アブラムシの被害にあいやすいのでべたがけシートで覆う。

ポイント
ソラマメは早まきだと株が大きくなりすぎて寒さで枯れてしまうことがある。酸素を好む植物で、深植えすると酸素不足で発芽不良になることもある。ポットにタネをまいて育ててから植え付けてもいい。

3.栽培方法(後半)

3-1追肥、土寄せ

べたがけシートを取り、1平米あたり50gの化成肥料を株の周囲にまく。

その後、かるく耕して土寄せをする。

野菜の肥料 野菜の肥料について詳しく説明。

3-2整枝

側枝が増え込み合ってきたら、風通しを良くするため、茎が太く丈夫なものを6~7本残し他は切り取る。

ポイント
側枝を伸ばし放題にすると栄養分が分散してサヤが大きくならない。

3-3支柱立て、摘芯

草丈30cmの頃、風などによる倒伏防止のため、畝の四隅に支柱を立てて、その周囲にひもを張る。

草丈が60~70cm頃になったら摘芯する。ソラマメは草丈70cm以上にしても、上部のサヤは実がならないものが多いので芯を摘み取る。

ポイント
先端5~10cmを摘芯して株全体の育成より実を充実させる方に養分を回す。先端に集まるアブラムシを駆除するためにも摘芯する。

3-4収穫

空を向いていたサヤが下に垂れてふくらみ、サヤのスジが黒くなってきたら収穫。サヤの付け根をハサミで切って収穫する。

4.害虫と病気

4-1害虫と対策

アブラムシ

アブラムシは、ソラマメ栽培において発生する可能性がある。アブラムシは小さな黄色や黒色の虫で、高い繁殖力を持っており一度に大量に発生する。

主に葉の裏に群生して吸汁し、葉の萎縮や生育阻害を引き起こす。またウイルス性の病気を媒介したり、アリを誘引したりする。

アブラムシを駆除するためにテントウムシを利用する方法がある。テントウムシは1匹あたり10~100匹ほどのアブラムシを捕食するので、ビニールハウスをはじめ、テントウムシが逃げにくい環境の中でアブラムシを駆除したいときに利用する。

アブラムシと共存関係にあるアリを駆逐することでアブラムシを減らす方法もある。アリはアブラムシと共存関係あり、アリを取り除くことで、アブラムシの数を減らすことができる可能性がある。

4-2病気と対策

モザイク病はアブラムシによって主に媒介される。また発病した茎や葉から分泌される汁液によって感染が拡大する。他の作物からの伝染にも注意が必要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました