ダイコンの栽培方法

野菜づくり

まとめ

ダイコンの栽培順序を説明します。
栽培の要所でポイント(ひとてま)を豆知識とコツで説明します。 

1.特徴

  • アブラナ科
  • 根菜類
  • 発芽適温15~30℃
  • 育成適温15~20℃
  • 収穫までの期間は種まきから(夏)50~60日
  • 冷涼な環境が好き

2.栽培方法(前半)

2-1畑作り

アブラナ科の野菜を1年以上作っていない場所を選ぶ。植付けの1週間前、深さ30cmまでよく耕し、小石などを取り除く。地中にまっすぐ伸びるダイコンにとって小石は異物。
異物があると、それを避けるように根が伸びて二股のダイコンになってしまう。
幅40cmの両脇に深さ20cmほどの溝を掘って1平米あたり化成肥料200g堆肥1kgまき、埋め戻す。
畝の中央にもパラパラと化成肥料をまき軽く混ぜ合わせる。

幅40cm、高さ15cmのかまぼこ型の畝を立て、マルチシートを敷いて保温、保湿する。

畑の土づくり 土の作り方を詳しく説明

2-2種まき

気温が15℃以上になったら種まきをする。5㎜~1cmの浅いくぼみをつけて5~6粒まく。

一握りの土をかぶせ軽く手で押さえ、たっぷりと水をまく。

鳥に狙われたり、虫がつくのを避けるため、トンネル支柱をアーチにして防虫ネットをかける。

3.栽培方法(後半)

3-1間引き

本葉2~3枚で1回目の間引きを行い1ヶ所2~3株にする。3~4週間後、本葉が5~6枚の頃、根が伸びて太りはじめる前に2回目の間引きを行い元気のよい1株にする。

3-2追肥

2回目の間引き後、1平米あたり50gの化成肥料をマルチシートの外側にまき、軽く土と混ぜ合わせる。

野菜の肥料 野菜の肥料について説明

3-3収穫

種をまいて2ヶ月後、地表に出ている首の部分が太くなっていたら引き抜いて収穫する。

ポイント
春まきで育てる場合は、収穫期が短いので早めに収穫しよう。

地中に小石や肥料の塊などがあると、大根の根元が枝分かれしたようになるので耕す際は、丁寧に耕し、小石などあればこまめに取り除いたほうがいい。
怠るとこういう大根ができます。

4.害虫と病気

4-1害虫と対策

4-2病気と対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました