サヤエンドウ、スナップエンドウの栽培方法

野菜づくり

まとめ

サヤエンドウ、スナップエンドウの栽培順序を説明します。

1.特徴

  • マメ科
  • 果菜類
  • 発芽適温20℃
  • 育成適温15~20℃
  • 収穫までの期間は種まきから140~150日
  • 畑の好みは冷涼な環境が好き、加湿に弱い、土壌水分多いと根腐れ

2.栽培方法(前半)

2-1畑作り

マメ科野菜を4年以上作っていない場所を選ぶ。

種をまく1週間前に1平米あたり化成肥料100g、堆肥2~3kg、ヨウリン50g、を全面にまき深さ30cmまでしっかりと耕す。

幅100cm高さ10cmの畝をつくる。

畑の土づくり 土の作り方を詳しく説明

2-2種まき

気温が15~20℃になったらまく。

株間に30cmの間隔でまき穴を深さ2cmにし1ヶ所につき4~5粒ずつ種をまき、土をかぶせて手で押したっぷり水をまく。

種は鳥に狙われやすいので、べたがけシートで勝手に覆う。

3.栽培方法(後半)

3-1間引き

草丈7~8cmの頃。

育成のよい株を1~2本だけ残し、残りは間引く。残す株の根を傷つけないよう注意する。

3-2支柱立て

ツルが伸びはじめたら行う。

株の周囲に1m間隔で支柱を立てネットを張る。最初だけツルをネットに誘引すればあとはかってに巻き付いていく。ネットを2列に張ると風にも強くて丈夫。

3-3追肥1回目

支柱を立てたら追肥をする。

支柱を立て、ツルをネットに誘引したら1平米あたり30~40gの化成肥料を株の周囲にまき、かるく土寄せする。

3-4追肥2回目

花が咲き始めたら追肥をする。

1回目と同量の化成肥料を株の周囲にまき、軽く土を耕す。乾燥したら水をあげて肥料の分解を促すと育成も旺盛になる。

野菜の肥料 肥料について詳しく説明

3-5収穫

どんどんできるので収穫遅れに注意。

サヤエンドウはマメがふくらんできたら早めに収穫する。スナップエンドウは、サヤがふくらんできたら収穫する。

4.害虫と病気

4-1害虫と対策

アブラムシ類

「エンドウヒゲナガアブラムシ」や「マメアブラムシ」などをはじめとするアブラムシの被害に遭いやすい。気付いたときには大量繁殖してしまっていることもあるので、初期段階で見つけて、早期に退治しておくことが肝心。若い芽や葉、花につきやすく、被害が拡大すると茎やサヤにびっしりと発生していることもある。

予防として特定防除資材の「酢」が原料の製品の散布がおすすめ。

対処として早期発見できるようにこまめに確認。見つけ次第、駆除する。

4-2病気と対策

うどんこ病

サヤエンドウ(スナップエンドウ)は、うどんこ病にかかりやすい。 葉に白い斑点ができ、白っぽいカビ(糸状菌)が生え、やがて枯れる。  乾燥しすぎても、過湿の状態でもかかりやすい、こまめなチェックが必要。

予防として特定防除資材の「酢」が原料の製品を散布するのがおすすめ。

対処として発生初期は病気の部分を摘みとり、拡大を防ぐ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました