シシトウの栽培方法

野菜づくり

まとめ

シシトウの栽培順序を説明します。栽培の要所でポイント(ひとてま)を豆知識とコツで説明します。

1.特徴

  • ナス科
  • 果菜類
  • 発芽適温25~30℃
  • 育成適温20~30℃
  • 収穫までの期間は種をまいてから90日程度、苗を植えてから30日程度、開花してから2週間程度
  • 高温な環境が好き

2.栽培方法(前半)

2-1畑づくり

ナス科の野菜を3年以上作っていない場所を選ぶ。

植付け1週間前に深さ30cmの溝を掘り、1平米あたり化成肥料200g堆肥2~3kgのうち、化成肥料の半量は溝の左右にまき、軽くかき混ぜ埋め戻す。

幅50cm、高さ10cmの平畝にして畝の上面を平にならし、マルチシートを敷く。

畑の土づくり 土の作り方を詳しく説明。

2-2苗選び、植付け

気温が20℃になってきたら行う。

茎や葉がしっかりしていて緑が濃い苗を選ぶ。

高温性の植物なので育成適温以下での植付けはしない。水を張ったバケツにポットごと付け、水をたっぷり吸わせる。

ポットより一回り大きな穴を株間50㎝間隔で堀、植え付け防虫ネットをかける。根を伸ばすため植え付け後にかるく水をあげた後、3日間は水をあげないようにする。

ポイント
シシトウはピーマンの仲間で育て方も似ている熱帯性の植物なので低温では育成が悪くなり、水が切れると辛みが出てくる。しかし多湿にも弱いので水のやりすぎには注意。

3.栽培方法(後半)

3-1支柱立て・整枝

植付け後2週間ほどしたら主枝に沿って1mくらいの支柱を立てひもやビニールテープで誘引する。株の成長を優先させるために一番花より下のわき芽は全て摘み取る。

3-2追肥

実ができてきたら2週間に1回のペースで1平米あたり50gの化成肥料をマルチシートの外側にまきかるく耕す。

野菜の肥料 野菜の肥料について説明

3-3収穫

実が6~7cmになったらヘタの部分をハサミで切って収穫する。株か疲れないように早めにとることで秋まで収穫することができる。

ポイント
収穫遅れ、高温や低温下での直射日光(紫外線)、水不足(極端な乾燥)、肥料不足などで実が黒ずんでくることがある。植物色素のアントシアニンが果皮にでてくる生理障害。食べても問題はない。

4.害虫と病気

4-1害虫と対策

4-2病気と対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました