エダマメの栽培方法

野菜づくり

まとめ

エダマメの栽培順序を説明します。栽培の要所でポイント(ひとてま)を豆知識とコツで説明します。

1.特徴

  • マメ科
  • 果菜類
  • 発芽適温25~30℃
  • 育成適温20~25℃
  • 収穫までの期間は種まきから早生品種で80~90日

2.栽培方法(前半)

2-1畑の作り方

マメ科の野菜を2~3年作っていない場所を選ぶ。

種まき1週間前、1㎡あたり化成肥料50g堆肥1kgを全面にまいて、しっかり耕す。元肥は少なめに施す。幅70 cm高さ15cmのかまぼこ形の畝にして畝の上面を丸くならす。発芽適温に満たない場合は、地温をあげるためマルチシートを敷く。

ポイント
マメ科の野菜は根粒菌と共生し、その根粒菌が窒素分を供給してくれるので、窒素肥料を与えすぎると、葉や茎ばかり茂る状態になり、身の付が悪くなる。
畑の土づくり 土の作り方を詳しく説明。

2-2種まき

発芽には25℃以上の温度が必要で株間を20cmでマルチシートに穴をあける。人差し指を土に入れてまき穴をつくります。その穴1か所につき1粒タネをまく。エダマメは鳥の大好物でタネの段階から狙われるので、種まき直後から双葉が黄色くなるまで必ず防虫ネットをかける。

ポイント
エダマメの発芽率はとても高いので1穴につき1粒にする。発芽不良が心配なら予備としてポット苗にタネをまいて育てておく。発芽しないところがあれば、本葉が2枚開く頃までに植え付ける。植え付け時期が遅れると育成が悪くなる。

3.栽培方法(後半)

3-1追肥

花が咲き始めるころ、株の周囲に1㎡あたり50gの化成肥料をまく。肥料が多すぎると葉ばかり茂り実の付が悪くなるので、元肥をしっかり施している場合は追肥は必要ない。タネから育てた場合は無肥料でも育つ。

野菜の肥料 野菜の肥料について説明。
ポイント
収穫量を増やすために種枝を摘心するのもアリ

必ずやることはないが、本葉が5~6枚出た頃に主枝を摘芯して脇芽の成長を促進させる。するとサヤが多く付くので収穫量を殖やすことが出来る。

ポイント
エダマメは種まきからの栽培がおすすめだが、時間のない場合は苗を購入するのもアリ。種から育てるより育成期間が短くなり、早く収穫できる。20℃以上での定植が安全。

3-2収穫

株ごと引き抜く。

株全体の8~9割がふくらんできたら株ごと引き抜いて収穫する。おいしい収穫期は3日程度しかなく、それを過ぎると風味が損なわれ、ヤサのツヤが悪くなったりマメがかたくなったりするので注意。

ポイント
うま味は時間を追うごとに逃げていくのですぐに食べる。採れたてのエダマメはスーパーで買うよりも味が濃くておいしい。収穫した直後から味が落ちていくので、採ったらなるべく早く食べないともったいない。

4.害虫と病気と害獣

4-1害虫

害虫はバッタやバッタの仲間が葉を食害する。大量発生でなければ対策は不要。

4-2害獣

害獣はカモシカやハクビシンで葉や実を食害する。対策は防獣ネットを張る等の障害物対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました